労災事例

神奈川県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

脚立が傾き肩を負傷したケース

職種

エクステリア工事

労災発生状況

A宅のベランダの補修工事を請け負った被災労働者Xは当日の朝、車でA宅に行きA宅の家主に作業開始の挨拶を済ませた後、ベランダの修繕箇所に行った。ベランダの修繕箇所は家屋の2階部分にあり、脚立に乗っての作業が多いものと考えられた。しかし、下の地面はやわらかく高さ2メートルの脚立を立ててみたところ安定しないところもあったが、作業の遅れを考えやむを得ず脚立上での作業を開始した。 なお、脚立を立てた場所はベランダのやや下の塀際1メートルの所だった。脚立上での作業開始直後は注意していたが、作業に集中するあまり身体を脚立より乗り出した瞬間、脚立の足が地面にめり込み脚立自体が塀側に倒れ始めXは大きくバランスを崩した。 Xはとっさに塀に左腕を塀についた。その時左腕、左肩を塀に強く打ちつけて負傷した。徐々に痛みが増し始め、災害発生後3日経った日痛みに耐えられなくなり病院に受診した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求 1か月の休業補償

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから26日目に神奈川県で発生した労災

> 労災事例 一覧ページへ

一人親方労災保険についての
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

050-3786-1525

[受付時間] 平日9時~18時 (土日祝・年末年始除く)

一人親方労災保険特別加入のお申し込みはこちら

お申し込みの流れはこちらをご覧ください。

一人親方団体労災センター 労災保険特別加入手続きの対象地域

関東
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・栃木・群馬・静岡
関西
大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・三重・鳥取・岡山・徳島・香川
中部
長野・新潟・富山・山梨・岐阜・愛知
九州
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
東北
宮城・岩手・秋田・山形・福島
沖縄
沖縄