労災事例

栃木県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

道具準備の際、積まれた段ボール箱が落下し前頭部に当たった衝撃で首を負傷したケース

職種

サンディング・板金工事

労災発生状況

2月3日午後4時ごろ、J社から請け負った新築一戸建てでのサンディング・板金作業終了後、同現場作業で週明けから使用する道具準備の為、午後5時頃J社倉庫にて、倉庫内棚(高さ地上より約2m)から釘の入った箱(縦45cm×横50cm・高さ45㎝・重さ約3.5㎏)を右手を伸ばし取り出した際、積み重なっていた段ボール箱(縦45cm×横50cm・高さ25cm・重さ2㎏)が落下、前頭部に当たった衝撃により首を負傷した。痛みをこらえて翌日以降も仕事を続けたが痛みが増した為、3日後に受診した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから545日目に栃木県で発生した労災

> 労災事例 一覧ページへ

問い合わせ・資料請求はこちら

一人親方労災保険についての
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

050-3786-1525

[受付時間] 平日9時~18時 (土日祝・年末年始除く)

一人親方労災保険特別加入のお申し込みはこちら

お申し込みの流れはこちらをご覧ください。

一人親方労災保険特別加入手続きの当団体対象地域

関東
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・栃木・群馬・静岡
関西
大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・三重・鳥取・岡山・徳島・香川
中部
長野・新潟・富山・山梨・岐阜・愛知
九州
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
東北
宮城・岩手・秋田・山形・福島
沖縄
沖縄