労災事例

東京都の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

型枠コンクリート工事にて単管パイプを運搬中、誤って足場の隙間に右足を落とし負傷したケース。

職種

型枠コンクリート工事

労災発生状況

3月20日午前10時30分頃、Y社より請け負った3階建て新築ビル・Tハイツの型枠コンクリート工事において、3階階段室の型枠パネルを締め付ける作業をするために足場(1段・高さ3m)に上がり、上げておいた単管パイプ(長さ1.5m・太さ48㎜・重さ4.1㎏)を、両手で3本まとめて持って作業場所まで運ぼうとしたところ、パイプを持っていたため前が見えにくかったために、足場と足場の隙間(約10センチ)に右足を落としてしまい、右足が挟まった状態となり負傷した。当日は作業を中断し、すぐに病院を受診した。

労災保険の申請

病院経由で治療費・休業補償給付の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから450日目に東京都で発生した労災

> 労災事例 一覧ページへ

問い合わせ・資料請求はこちら

一人親方労災保険についての
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

050-3786-1525

[受付時間] 平日9時~18時 (土日祝・年末年始除く)

一人親方労災保険特別加入のお申し込みはこちら

お申し込みの流れはこちらをご覧ください。

一人親方労災保険特別加入手続きの当団体対象地域

関東
東京・千葉・神奈川・埼玉・茨城・栃木・群馬・静岡
関西
大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・三重・鳥取・岡山・徳島・香川
中部
長野・新潟・富山・山梨・岐阜・愛知
九州
福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島
東北
宮城・岩手・秋田・山形・福島
沖縄
沖縄