労災事例一覧

埼玉県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

持っていた道具が足に落ち負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

被災労働者Xは主に工務店Aからの仕事を専属に請け負う大工職人として長年仕事をしていた。Aが施工業者の建売新築工事においてXも大工としての仕事に従事することになった。仕事は朝早くから始め途中昼休憩を挟み午後の仕事を開始し始めたころ、建物の外回りの柱に釘打ち機を使用して釘打ち作業をしていたところ、作業場所が狭かったということもあり衣服に釘打ち機がひっかかりその弾みで釘打ち機を自身の右足に落ちて負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから42日目に埼玉県で発生した労災


千葉県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

雨で濡れた鉄板の上を歩いていて転倒したケース

職種

大工工事

労災発生状況

新築木造住宅の木造部分の工事を請け負った被災労働者Xは早朝トラックで現場に到着し、道具や建築材を屋内に入れる作業を開始した。現場には雨でぬかるんで歩きづらくなるのを防止するため鉄板が隙間なく敷き詰められていた。当日は朝から小雨が降っており、風もいつもより強かったので作業を急いでおり、一つ一つ順調に運び終えて柱にするための材料を両手で持って歩いていたところ、右足を前方に滑らせて転倒し負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求 休業補償給付の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから189日目に千葉県で発生した労災


神奈川県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

脚立上でバランスを崩し落下し負傷したケース

職種

エクステリア工事

労災発生状況

A宅の物置の設置工事を請け負った被災労働者Xはトラックで物置を運び入れ、Aの指示した場所に物置を設置した。続けて、強風や地震等で転倒しないように地面に穴を掘って、そこにコンクリートを流し込んで物置に設置したアンカーと固定する作業(アンカー作業)を開始した。物置の設置場所が地面より100cmほど高い場所だったため、コンクリート入りのバケツを持って脚立を昇っていた時にバランスを崩し落下した。その際、左手を地面に突き肩から手首にかけて負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから299日目に神奈川県で発生した労災


千葉県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

ハンマーで自分の指を叩いて負傷したケース

職種

大工工事

労災発生状況

A宅の新築戸建の建て方工事を請け負った被災労働者Xは2Fの梁の上に乗ってサネの打ち当て作業をしていたときに、横で声がしたため少し注意をそらした際、誤ってハンマーで自身の指を叩いてしまい負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求 自宅近くの医療機関へ転院

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから248日目に千葉県で発生した労災


東京都の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

ロープによる外壁の補修作業時に突起物に接触して負傷したケース

職種

外壁補修

労災発生状況

ビルの外壁補修とそれに伴うクリーニング作業を請け負った被災労働者Xは作業手順をビルの責任者に説明し、屋上よりゴンドラとロープを使用しての作業を開始した。3Fから2Fにかけて外壁に鳥除装置が多数設置されており、充分に注意しながら作業をしていたが、作業に集中するあまり右ひじが接触して負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから474日目に東京都で発生した労災


東京都の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

現場に道具を運び入れている最中、無理な姿勢をしたため腰に痛みが走ったケース

職種

補修工事

労災発生状況

戸建住宅の建具部分の補修工事を請け負った被災労働者Xは午前中にトラックで現場に到着し、家主に挨拶を済ませ早速作業を開始した。補修作業にあたり、作業用具を現場に運び入れていた際、道路が坂で凹凸が激しく足がくぼみに入りつまづいた時に道具を落とさないように不自然な姿勢をしたため腰に痛みが走り負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求 整骨院の利用

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから327日目に東京都で発生した労災


千葉県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

注意を他に移したときに持っていた道具でケガをしたケース

職種

塗装工事

労災発生状況

A県にある大学の研究棟を新設するにあたりその新築工事の内外装の塗装工事を請け負った被災労働者Xは午前7時過ぎに現場に到着し、準備体操と作業の流れを確認した後8時頃より作業に取り掛かった。午前中は順調に作業を終え昼休みを取り午後1時から再度作業を開始した。右手にパテヘラ、左手にパテ板を持って作業をしていたところ、人から声をかけられた気がして少し手元から目を離した際、手元がくるって右手が滑りパテヘラが左手の指に当たって負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから7日目に千葉県で発生した労災


神奈川県の一人親方労災保険特別加入者の場合

労災概要

汗で滑って持っていた道具でケガをしたケース

職種

大工工事

労災発生状況

和室を洋室にするためのリフォーム工事を請け負った被災労働者Xは床上げのための材料の作成に当たり自宅兼作業場で昇降丸鋸盤の上に材料を置いて丸鋸で縦割りしていたとき持っていた丸鋸が滑って左手に接触して負傷した。

労災保険の申請

病院経由で治療費の請求

※一人親方団体労災センターにて労災保険特別加入してから253日目に神奈川県で発生した労災